地方創生

  • TOP
  • 移住相談窓口
  • オンラインで自宅からお気軽にどうぞ!舟形町の移住・定住相談窓口
オンラインで自宅からお気軽にどうぞ!舟形町の移住・定住相談窓口
山形県舟形町
山形県舟形町

オンラインで自宅からお気軽にどうぞ!舟形町の移住・定住相談窓口

掲載開始日:
2021.05.11
掲載終了日:
2022.03.31

相談窓口情報ABOUT

舟形町移住・定住相談窓口

Webでの相談も受付中です!

移住について興味がある、協力隊に興味がある、子育て支援や住まいの支援は?などなど、遠くても、ご自宅からお気軽にお問い合わせください(^_^)

相談窓口は役場まちづくり課です。お気軽に相談のお気持ちでどんどんお問合せください。
相談窓口は役場まちづくり課です。お気軽に相談のお気持ちでどんどんお問合せください。

当日の流れ

  1. 舟形町からの簡単な説明(10分)
  2. ざっくばらんに相談、お話(30分)

こんな人におすすめ

  • 舟形町についてあまり知らない
  • 舟形町がどんなところかわからない
  • 移住後について不安がある
  • 移住すべきか悩んでいる

料金・申し込み方法FEES & REGISTRATION

費用・支払い方法

無料

申し込み方法
  1. 「エントリー」からお申し込みください。
  2. エントリー受付後、ZoomのURLをお送りします。
注意事項
  • キャンセルは2日前までにお願いします。
  • Web面談はZOOMを利用するため、事前の登録をお願いいたします。
  • ZOOMの際の通信料は自己負担となります。

地域と暮らしLIFE STYLE

山形県舟形町はこんな地域

巨大な鮎がお出迎えする「美肌の湯」若あゆ温泉です。町を一望できる第パノラマ露天風呂からは、月山、葉山までも見渡せます。
巨大な鮎がお出迎えする「美肌の湯」若あゆ温泉です。町を一望できる第パノラマ露天風呂からは、月山、葉山までも見渡せます。

舟形町は、山形県の北部に位置し、自然が豊かで農業を主産業としたおもてなしの心あふれる田舎町です。町の中央を流れる小国川は、鮎の産地として有名で多くの釣り人たちが訪れます。人口は約5,100人で高齢化が進んでいる町です。豪雪地帯で、冬期間はかなりの大雪が降りますが、住民同士が助け合い、寄り添いあう昔ながらの冬の文化が残っています。

先輩移住者の声

東京からUターンした井上 和人さん
東京からUターンした井上 和人さん

Uターンのきっかけ
以前は東京の会社で働いていたのですが、不規則な勤務形態ということもあり、将来のことも考えて日勤の仕事をしたいと思っていたところ、親などのすすめもあって4年前にUターンしてきました。

今の仕事はハローワークの紹介です。
就活はハローワークの就活セミナーに行ったぐらいですが、仕事は地方にも結構あると思いますよ。
収入は少しダウンしましたが、家賃や食費などの出費を考えると、むしろ自由になるお金は多くなっています。
なによりプライベートタイムが多くとれるようになったのが魅力です。会社は定時退社、通勤時間も短く、土、日、祝日が休みなので、ゆったり過ごせます。
休日は趣味の釣りに出かけたり、家の農作業の手伝いをしたりしています。
また、平日の夜には友人達とフットサルもやっています。
家族で暮らすのんびり感もあって、ストレスは全く感じなくなりました。

Uターンのメリットは、やはり地元なので誰かしら知り合いがいるということですね。
友人からいろんな情報を得たり、大雨などの災害があった時も地域で団結して取り組んだり、なにかと心強いです。
高齢者も多い地域なので、若い人が帰ってくるとみんな喜んでくれますね。

移住支援制度

この記事をシェアする

こちらもおすすめRECOMMENDATION