地方創生

  • TOP
  • イベント
  • おためし地域おこし協力隊募集! まいばら空き家再生プロジェクト体験ツアー
おためし地域おこし協力隊募集! まいばら空き家再生プロジェクト体験ツアー
滋賀県米原市
滋賀県米原市

おためし地域おこし協力隊募集! まいばら空き家再生プロジェクト体験ツアー

掲載開始日:
2021.09.22
掲載終了日:
2021.10.31

イベント情報ABOUT

開催の背景

米原市空き家バンク
米原市空き家バンク

米原市では、まいばら空き家対策研究会と共に空家バンクを運営し、空家所有者や移住希望者の相談を随時受け付けております。
米原市の都市部からのアクセスの良さと自然の豊かさも相まって、年々移住相談者は増えているものの、ご紹介できる空家がまだまだ少ない状況です。
そのため、このたび空家バンクの運営と新たな空家の利活用事業の立ち上げを担っていただける「空家再生みらいつくり隊員」を募集することといたしました。

本ツアーでは、米原市空家再生みらいつくり隊員への応募を検討される方を対象として、着任後のミスマッチを防ぐとともに、米原市における空家バンク事業の理解を深めていただき、空き家活用事業の可能性を感じていただきたいと考えております。

イベントの内容

今回宿泊予定のゲストハウスうむ
空き家を活用したゲストハウスうむ

おためし地域おこし協力隊として、2泊3日の現地体験をしていただくツアーです。

ツアーでは、
・米原市の紹介
・まいばら空き家対策研究会の視察
・着任後に拠点候補となる空き家の視察
・空き家が活用され事業展開されている実例の視察
・みらいつくり隊OB,OGへのヒアリング
・地域で空家活用に取り組む団体等へのヒアリング
・地域住民との交流会
など、実際に地域の中で活動する上で必要となる「情報の収集」や「人間関係の構築」を行うことができます。

空家再生みらいつくり隊員にご興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください!

登壇者

まいばら空き家対策研究会

同行いただくまいばら空き家対策研究会の皆さん
同行いただくまいばら空き家対策研究会の皆さん

滋賀県米原市で活動する「まいばら空き家対策研究会」は、日々、市内に増え続けている空き家情報を整理し、移住定住を希望する人たちや空き家を借りて、新しい生活をはじめたい人たちへの紹介をしている非営利団体です。
持ち主、住みたい人の双方がスムーズに、また心地よく今後の生活がはじめられるように知恵を絞ってサポートし、現在までに多くの実績を上げています。
今回のツアーでは、地域の紹介や市内の空き家をご案内させていただきます。皆さんにお会いできることを楽しみにしてます!

こんな人におすすめ

  • 米原市への移住を検討している
  • 空家再生みらいつくり隊員に興味がある
  • 空き家・移住の相談員に興味がある
  • 空き家の利活用事業で起業したい

開催概要OVERVIEW

開催日時

2021/11/12~2021/11/14

当日スケジュール

1日目 午前 11:00集合
      オリエンテーション
   午後 地域の視察
      空家の視察
   夜  地域との交流会

2日目 午前 地域の視察
   午後 空家の視察
   夜  温泉施設へ

3日目 午前 空家の視察
   午後 ワークショップ
      16:00解散予定

費用・支払い方法

無料
※現地までの往復交通費は参加者負担となります。
※滞在中の飲食費は参加者負担となります。

定員

4組(1組2名まで)
※応募者多数の場合は選考となります。

申し込み方法
  1. 「エントリー」からお申し込み。
  2. エントリー受付後、担当者からご連絡差し上げます。
注意事項
  • 当日体調が優れない方や熱がある方は参加をお断りすることがございます。また保険証をお持ちください。
  • ツアー中のマスク着用、手洗いの徹底などコロナ感染症対策にご協力をお願いします。
  • 宿泊先はゲストハウスとなりますので、タオルや着替え等をご持参いただくようお願いします。また市内を歩き回りますので、動きやすい服装にてご参加ください。

地域と暮らしLIFE STYLE

滋賀県米原市はこんな地域

そば畑と伊吹山
そば畑と伊吹山
スタンドアップパドルをしながら眺める夕日
スタンドアップパドルをしながら眺める夕日

米原市は、都市部に近い田舎です。
「米原」駅には滋賀県で唯一新幹線が止まり、大阪・名古屋へは約30分、東京までは約2時間と、どこに行くにもアクセスが良く、自然環境としても、びわ湖のほとりに面しており、豊富な水源や美しい里山の風景、自然や伝統文化が生き続けています。
日本百名山のひとつにも数えられる霊峰・伊吹山を擁していて、市内には多くの湧水スポットが点在し、水源の里としても知られています。
飲料水だけでなく、清らかな水で作られたお米や野菜、そばも美味しく、名水で仕込む醤油や豆腐も自慢の一品です。

また、米原市は市民の方の自主的な活動が盛んで、「協働事業提案制度」という、市民が持つアイデアを公共的課題の解決のために生かす提案制度や市民のクラウドファンディングの立ち上げを支援する仕組があり、市民が活動しやすい環境が整っています。

先輩移住者の声

米原市に拠点をおく切り絵作家・早川さん
米原市に拠点をおく切り絵作家・早川さん

米原での部屋の窓から見える景色は紅葉もきれいですし、雪になれば白いですし、夏の緑なんかは日に日に緑が濃くなっていく様子を毎日見られる。本当に贅沢だなと感じます。
意識をして何かを観察しなくても、ここでは生活の中で自然に見ることができます。理屈抜きに、僕の作品はここにいないと作れません。
大阪も好きだったんですけど、僕は石川県の自然のあるところで育っていたので、ちょっと大阪では子育てしたくないなという気持ちがありました。今後、娘がここでどう育っていくのか楽しみです。

あと、ここにいると食べ物には困りませんね(笑)。近所の方から野菜や総菜などのおすそわけがあり、お金には換えられない贅沢です。
また米原は新幹線が止まるので、大阪へは30分、東京へも日帰りで行けますし、いいバランスで仕事ができています。

移住支援制度

この記事をシェアする

こちらもおすすめRECOMMENDATION