地方創生

  • TOP
  • 仕事を探す
  • エンタメをきっかけに”福井に行きたい!”をつくる『ロケーションコーディネーター』
エンタメをきっかけに”福井に行きたい!”をつくる『ロケーションコーディネーター』 エンタメをきっかけに”福井に行きたい!”をつくる『ロケーションコーディネーター』 エンタメをきっかけに”福井に行きたい!”をつくる『ロケーションコーディネーター』
仕事 カジュアル面談

エンタメをきっかけに”福井に行きたい!”をつくる『ロケーションコーディネーター』

地域の魅力PR、観光誘致を進める地域おこし協力隊
福井県
掲載開始日:
2024.05.17
掲載終了日:
2024.06.30
勤務地
福井県福井市
その他の条件
話を聞きたい

この募集はカジュアル面談が可能です。エントリー理由の入力欄にカジュアル面談を希望する旨を記載しましょう。

エントリー画面へ カジュアル面談とは

地域と暮らしLIFE STYLE

福井県はこんな地域

日本で発見された恐竜化石の約8割が福井、恐竜王国
日本で発見された恐竜化石の約8割が福井、恐竜王国

福井県では今年3月に北陸新幹線が福井・敦賀まで開業し、首都圏からのアクセスが格段に向上しました。これに伴い、今後観光やビジネスでの来県者のさらなる増加が見込まれ全国からの注目が集まっています。
観光の面では、福井県は日本海に面した自然豊かな環境で、東尋坊や三方五湖などの景勝地のほか、世界三大恐竜博物館の一つとして数えられる「福井県立恐竜博物館」など、魅力的なスポットがたくさんあります。

また、近年では「幸福度ランキング1位」「教育や子育ての県」など暮らしやすい県としての認識も広がっているところですが、人気アイドルグループがデビューシングルのMVを福井県で撮影するなど、エンタメとしての魅力もまだまだ秘めています。 そんな福井県について、フィルムコミッションの仕事の観点から見た特徴をご紹介します!

特徴1:「ちはやふる」「おしょりん」などのロケ地に

映画「おしょりん」のロケ地、萩野小学校の笈松分校跡
映画「おしょりん」のロケ地、萩野小学校の笈松分校跡

実は、福井県で撮影された映画は色々あるんです。実写映画化された大人気漫画「ちはやふる」は福井県あわら市でも撮影が行われ、聖地の一つとして多くのファンが訪れています。また、2023年に公開された映画「おしょりん」は福井市の麻生津地区が舞台となっており、なんとロケは全て福井県内で行われました。
それぞれの映画で、撮影だけでなく関連したイベントなども行われ大きな反響がありました。

明治時代、めがね製造に取り組む職人たちの物語「おしょりん」
明治時代、めがね製造に取り組む職人たちの物語「おしょりん」

特徴2:関東からも、関西からも、アクセス良し!

北陸新幹線の開通により都心がより近く、便利に!
北陸新幹線の開通により都心がより近く、便利に!

2024年3月に福井・敦賀で北陸新幹線が開業し、なんと東京から福井までは乗り換えなしで最短2時間51分。これまでより関東からのアクセスが格段に良くなりました。また、京都や滋賀など関西にも近く、車やロケバスでの移動も便利です。

公共交通機関も県内のアクセスが便利で、バスや電車(ハピライン、JR、私鉄)などをうまく利用すれば、家族で車が1台でも安心して過ごせます。ロケーションコーディネーターの活動においては県内各所に巡っていただく予定ですので、車は必須になります。

特徴3:時代劇から現代まで。撮影できるスポットが沢山!

京都との交易の拠点「熊川宿」まさに時代劇の雰囲気漂う
京都との交易の拠点「熊川宿」まさに時代劇の雰囲気漂う

時代劇で使われるような街並みから近未来的な博物館まで、福井県には撮影に適したスポットが沢山あります。重要伝統的建造物群保存地区に選定された熊川宿や福井市にある「おさごえ民家園」は、古民家が建ち並んでいるため、時代劇の撮影に適しています。
また、福井県立恐竜博物館は令和5年7月にリニューアルされました。恐竜5体が並ぶ「恐竜の塔」やスクリーンに実物大の恐竜が映し出される「3面ダイノシアター」など、特徴的なモニュメントによって古代から近未来的な雰囲気まで、様々な情景が浮かびます。

アリーナツアーに組み込まれているライブ会場がロケ地にも!
アリーナツアーに組み込まれているライブ会場がロケ地にも!

特徴4:豊かな自然風景が魅力

福井県は四季の移り変わりがはっきりしており、春は県内に数多くある桜の名所でお花見、秋は紅葉、冬は雪景色といった季節の美しい風景を楽めるなど、地域ごとの豊かな自然が魅力。
5つの湖からなる美しい三方五湖、越前海岸の水仙畑、百名山の「荒島岳」をはじめとした1000mを超える山々、「星空保護区」に認定された星空などがあります。福井県でしか撮れない風景がそこかしこにあります。

特徴5:お寺や神社の数が全国トップクラス

映画やCMなどのロケ地としてもよく使われるお寺や神社。
福井県は、実は10万人あたりのお寺の数が全国1位、神社の数は2位。
曹洞宗大本山永平寺はNHK『ゆく年くる年』にも放映されるなど特に有名ですが、境内が一面に緑の美しい苔で覆われ「苔寺」とも呼ばれる白山平泉寺や日本で唯一「紙」の神様が祀られる岡本神社・大瀧神社など、まだ他県には知られていないお寺や神社が沢山あります。
観光の目的地となるのはもちろんのこと、ロケ地としての可能性もまだまだ秘めています。

特徴7:福井県は地域おこし協力隊へのサポートが充実

■地域おこし協力隊のサポーターを配備
全国でも珍しい取り組みとして注目されているのが、県庁採用による「福井県地域おこしマネージャー」です。
マネージャーは 県内の協力隊を全面的にサポート。活動内容はもちろん、活動後の起業や人脈形成、専門的な研修など、協力隊の希望に合わせて様々なサポートを行います。

■隊員同士で助け合える環境づくり
協力隊の隊員同士の情報交換やつながりづくりの場として 交流会を開催しており、今後は協力隊任期終了後の 起業に向けたスキルアップ研修会も実施予定です。
交流会等でつながりを持った隊員同士の連携事業も進めています。複数の市町の隊員が連携した新たな地域おこし活動へのチャレンジを支援します。

■任期終了後も支援金制度などサポートが充実
地域おこし協力隊定着支援事業として、概ね3年間の任期終了後も引続き福井県内に定住し、地域活動を行う隊員の方には 最大で100万円の定着支援金を交付します。また、起業される場合には最大100万円の支援金を別途支給する制度もあります。この2つの支援金で最大200万円の支援を受けることができ、これは全国トップクラスの充実ぶりです。福井県では、活動中のチャレンジだけでなく、定住後のさらなるチャレンジも応援します!
そして、2021年2月には「福井県地域おこしネットワーク」が設立されました。元隊員を含む地域おこし協力隊員のネットワークで、福井県内で活動している協力隊をサポートしています。また、任期を終えた元隊員の活躍の場にもなりつつあります。

移住支援制度

仕事内容MISSION

企業紹介

福井県では今年3月に北陸新幹線が福井・敦賀まで開業し、首都圏からのアクセスが格段に向上しました。今後観光やビジネスでの来県者のさらなる増加が見込まれ全国からの注目が集まっています。そのため映画やTVドラマ、CMなどの撮影支援の依頼が増えており、令和5年度は令和4年度の2倍以上となる、63件のお問い合わせをいただいています。
福井県では、令和4年3月に「福井県フィルムコミッション」を設立し、映画やTVドラマ、CM撮影などのお問い合わせに対応しているところですが、今後さらなる撮影支援件数の増加に対応するとともに、これまで以上に細やかなサポート体制や、福井県をロケ場所に選んでもらえるよう営業活動を行っていきたいと考えており、福井県フィルムコミッションで一緒に活躍してくれる地域おこし協力隊をこの度募集いたします。

事業内容

某携帯電話会社白い犬のお父さんの実家があるという一乗谷
某携帯電話会社白い犬のお父さんの実家があるという一乗谷

「聖地巡礼」、「ロケ地巡り」という言葉がよく聞かれるように、エンタメは県外の人を惹きつける重要なきっかけの一つ。そして県民にとっても、地元がロケ地として使われることは「福井ってやっぱりすごい!」と再認識できるきっかけになります。
そんな外からも内からも福井を盛り上げてくれるエンタメ。

フィルムコミッションの仕事は、映画やロケ地の誘致を通して、福井に来てもらうきっかけ、福井を好きになるきっかけをつくること。
福井で撮影された映画やCMは、福井のPRや観光誘致につながります。今後、多くの人に「福井にいきたい!」と魅力を感じてもらうためには、まず多くの撮影関係者の方に、「福井でロケをしたい!」と思ってもらう必要があります。
これまでは、映画やドラマ撮影の問い合わせをいただき、それらに対応することが中心でした。しかし今後は、制作会社や撮影関係者に福井の魅力的なロケ候補地などをこちらから提案して、ロケ誘致を積極的に行いたいと考えています。そして、誘致だけでなく、ロケに関する細やかな情報提供やサポートを行います。

「福井県のフィルムコミッションチームがいれば、福井での撮影は安心だ!」そんな声が撮影関係者から聞こえたら最高です。
「エンタメをきっかけに福井を盛り上げたい!」そんな方をぜひお待ちしています!

二時間サスペンスでいつも追い詰められる崖っぷち「東尋坊」
二時間サスペンスでいつも追い詰められる崖っぷち「東尋坊」
人気漫画「ちはやふる」の聖地となったあわら市へは今も多くの人が訪れる
人気漫画「ちはやふる」の聖地となったあわら市へは今も多くの人が訪れる

活動内容

地域おこし協力隊として、「福井県フィルムコミッション」のチームで一緒に考えながら下記に取り組みます。得意分野に応じて営業エリアや活動を分担していただきます。

◯ロケ地候補やロケ支援に関する問い合わせへの対応
撮影関係者からの各種問い合わせに対応します。新幹線開業の効果もあり、令和5年度は映画やTVドラマなどの問い合わせが前年度の2倍である63件にものぼりました。より多く、より幅広い問い合わせに県職員と共に対応し、市町職員(の皆さん)や施設への協力依頼と調整などを行います。

◯ロケ、ロケハンへの同行
撮影をスムーズに進めるために、撮影関係者の方の要望に応じ、福井県内でのロケやロケハンに同行します。撮影場所の施設の方との間を繋ぐ存在がいることは、撮影関係者の方にとっても心強いはずです。

撮影スタッフが集中できる環境に整えましょう
撮影スタッフが集中できる環境に整えましょう

◯JFC(ジャパンフィルムコミッション)行事等への参加
JFC主催の行事に参加して、福井県をロケ地として選んでもらえるようなPRや、研修会でフィルムコミッションのノウハウについて学びます。イベントの参加を通じて得られる撮影関係者や同業者とのつながりもあるかもしれません。

JFC主催のロケ地フェアでロケ地誘致のきっかけづくり
JFC主催のロケ地フェアでロケ地誘致のきっかけづくり

◯ロケ候補地の売り込み
これまでは、撮影関係者の方々から「こんな撮影ができる場所はありますか?」という問い合わせをいただいて、それをもとに調整などを行うことが中心でした。今後は「福井のこの場所は撮影にオススメです!」「フィルムコミッションとしてこんなサポートができます!」と制作会社やTV局に積極的にロケの提案をしていきます。

あなたのお勧めポイントが撮影現場になるかもしれませんよ
あなたのお勧めポイントが撮影現場になるかもしれませんよ

◯新たなロケ地の開拓と登録
現在、全国ローケーションデータベースには、福井県のロケ候補地が約150ヶ所登録されています。しかし、まだまだ情報が不足しています。ロケ地の開拓などを行いながらデータベースに写真や撮影シーンの提案などを充実させることで、福井県ならではのロケ地情報を積み重ねていきます。

◯フィルムコミッション活動や県内の魅力等についてのSNSでの情報発信
フィルムコミッション活動をもっと県民の方に知ってもらうために、福井県フィルムコミッションのHP公式Xなどを通じて、「福井でこんな撮影が行われました!」などの発信を行います。

受け入れ体制・環境

地域おこし協力隊と一緒に「フィルムコミッション」の活動をする福井県庁の近藤さんと古澤さんにお聞きしました。

担当のお二人とともにエンタメ業界に福井の魅力を売り込もう!
担当のお二人とともにエンタメ業界に福井の魅力を売り込もう!

「まずは、福井県のことを知っていただきたいです。
活動の初めは、県庁の中にいる必要は全くなく、どんどん外に出て行ってもらえたらと思います。私たちも色々お連れしたりサポートしたいと思っています。
福井について知らないことがあるのは当たり前なので、それを素直に人に聞いたり、好奇心を持って色々な場所へ足を運んでみると広がっていくと思います。
そういうものを積み重ねていくことで、ロケの依頼があった時なども、例えば『ここの時間帯はお客さんが少ないので撮影しやすいですよ』とか、『この季節のこの場所の夕日は最高ですよ』など制作会社の方にも具体的なアドバイスができるようになります。

夕日と海が美しいフォトジェニックなスポット
夕日と海が美しいフォトジェニックなスポット

また、ロケの同行などを通して福井県の市町の方や施設の方との信頼関係を築くことも大事です。ロケの依頼があった時、市町の方と調整を行ったり、施設の方に『この時間帯だけ人が入らないようにできますか?』というような協力を依頼する場面が出てきます。ぜひ、足を動かして、顔の見える関係性を少しずつ作っていってもらえたらと思います。
福井県フィルムコミッションのチームが、撮影関係者にとって、“ここに相談したらなんとかなる!”と思ってもらえるような存在になることを目指していきたいです。そこを一緒に担ってくれる方をお待ちしています。」

古澤さんは民間企業で映画産業に携わった経験あり。頼れる職員と一緒にエンタメを福井に呼び込みましょう!

エンタメで福井を魅せる「ロケーションコーディネイター」として活動しませんか?
エンタメで福井を魅せる「ロケーションコーディネイター」として活動しませんか?

求めている人物像

今回の募集では、「エンタメに興味関心がある」「エンタメで福井を盛り上げたい!」という方をぜひお待ちしています。どんなアーティストが注目されているなど、エンタメに関するアンテナを張ることなども活動の上で役立ちます。

また、ロケ地の発掘や誘致は、「福井を知ること」と「出会う人との関係性づくり」が基盤となります。
以下の全てを満たす必要はありませんが、これらをフットワーク軽く、楽しみながら活動してくれる方が向いています。

  • 市町関係者や施設の担当者と円滑にコミュニケーションが取れ、調整等が出来る方
  • 好奇心を追求し自分自身が楽しみながら仕事が出来る方
  • ロケハンやJFC主催のロケ地フェアで知り合った撮影関係者に福井県の売り込みが出来るような方
また、以下のようなスキルは、フィルムコミッションの活動の上で役立ちます!

・企業での勤務経験を有する方(特に営業や企画などの経験を有する方)
・インターネットを利用した情報発信(X等)が得意な方
・福井県出身者や福井県内に様々な人脈を持っている方

地域おこし協力隊卒業後について

活動の中で、制作会社や各市町の方々との関係性が構築することができるので、ご縁の深まった企業、団体に就職するという道が考えられます。なお、就職や起業については、県もバックアップをさせていただきます。

職場の先輩の声

先輩協力隊員
池田 あゆ美さん

「人と景色が織りなす風景が魅力」と話す、池田 あゆ美さん
「人と景色が織りなす風景が魅力」と話す、池田 あゆ美さん

私の場合は、故郷の(福井県)越前市にUターン、地域おこし協力隊というキャリアをスタートさせました。この3月に北陸新幹線が福井へ延伸開業しましたが「地元に貢献したい」そして行動するなら東京と福井がつながる、このタイミングしかない。とはいえ、30年も離れていた地元にどう関わるのか、その足がかりをくれたのが「地域おこし協力隊」の昨年の募集でした。さらに「副業」「会社経営」「2拠点」可という好条件で、挑戦しない選択肢はありませんでした。

福井県は、緑に囲まれた静かな里山や里海という自然豊かな環境があり、長い歴史のなかで培われた文化や古い街並み。古からのモノづくりの伝統が今も守られ暮らしに根づいています。町なかには数多くのお寺や神社が点在するなど、人と景色が織りなす風景が映画のワンシーンのようだなと思う瞬間もたくさんあります。福井には心癒される自然が身近にあり、四季折々の移ろいが楽しめて、都会暮らしでは経験できない豊かさと時間の流れ、そして、何より人の温かみを感じる暮らしがあります。

風景はもちろん、食を堪能して、人々のもてなしの心に触れることで、あなた自身も福井の1ファンになるのではと思います。県内に残る昔ながらの街並みや歴史ある建物、里山里海や自然の風景など…映画やテレビ、アニメなどのロケ地としてもポテンシャルを秘めた福井。撮影の誘致だけでなく、撮影が円滑に進むように制作者との調整役となり、あなたの力でコンテンツ産業と福井を繋げてください。あなたの視点で切り取られた風景、そしてその場所が近い将来「聖地巡礼」の地となることを楽しみにしています。

都市圏で説明会を開催!

本募集に際して、6月には東京、大阪、名古屋の3ヶ所で説明会を開催いたします。福井県の募集にご興味を持っていただいた方は、ぜひ最寄りの会場で説明会にご参加ください! 
現地会場を優先いただければと思いますが、ご都合が合わない方のためにオンライン説明会も開催します! 

\各会場の日程・場所はコチラ/
大阪会場 令和6年6月1日(土)9:30~11:30
大阪市中央公会堂 第6・7会議室
名古屋会場 令和6年6月15日(土)9:30~11:30
名古屋市公会堂 第4集会室
東京会場 令和6年6月16日(日)11:00~13:00
ふるさと回帰支援センター 8階セミナールームB
オンライン 令和6年6月18日(火)19:00~21:00
※後日、説明会のアーカイブ動画をYoutubeチャンネル「福井県地域おこし協力隊」上にアップロードいたします。
詳細はこちらもご確認ください。

福井県地域おこし協力隊(6企画8名)を募集中!

募集要項RECRUITMENT

テーマ(地域課題)
観光・ツーリズム
雇用形態
業務委託
業種
官公庁 その他
使用するスキル
広報・PR イベント運営 プロジェクト管理 企画 営業 Excel Word PowerPoint
募集職種

地域おこし協力隊

フィルムコミッション ロケーションコーディネーターとして撮影現場の支援や制作会社への企画提案を行う地域おこし協力隊

働きやすさ
副業・兼業の仕事 起業を見越した仕事 リモートワーク 地方創生テレワーク推進企業 40代歓迎 年齢制限なし
待遇
副業可能 住居支援あり 交通費支給あり
地域特性
温泉 古い町並み 子育て環境充実 教育環境充実 医療環境充実 移住支援制度 子育て支援制度 健康・医療支援制度 定住支援員
給与

年収 370万円 ~ 370万円
月給 30.8万円 ~ 30.8万円

  • 月収:月308,000円(月17日勤務の場合)
    ※毎月の活動状況を確認の上支給します。
    ロケーションコーディネーターの業務に支障がない範囲で副業・兼業が可能です。既に副業をされている方、会社経営をされている方も歓迎いたします。
受動喫煙対策

対策済み(禁煙)

勤務時間

1日の活動時間は概ね8時間を基本とします。ただし、活動内容等により時間等を調整できるものとします。

休日
年間の活動日数は204日(目安として月17日を12か月)を上限とし、初年度は採用日から年度末までの日数に応じて調整します。
福利厚生

活動に必要な経費等は予算の範囲内で県から支給します。
【活動経費として対象となるもの(例)】
・委嘱期間中の住居に係る家賃(上限あり)
・事業に係る自動車の燃料費、リース費(上限あり)
・パソコンリース費、書籍、消耗品等に要する経費
・事業に係る損害保険・賠償責任保険料
 (ただし、国民健康保険料や国民年金保険料等は自己負担)
・研修等に要する経費

【活動経費として対象とならないもの(例)】
・事業収入を伴う経費
・土地、建物の購入費
・高額な物品(備品)購入費
・その他個人の資産となる経費
※副業・兼業は、ロケーションコーディネーターの業務に支障がない範囲で可能です。既に副業をされている方、会社経営をされている方も歓迎いたします。
※雇用保険には加入しません。健康保険、年金保険等はご自身でご加入ください。
※業務活動以外の経費(引越しや生活用品、住居の高熱水費等)は自己負担になります。
※県の求めに応じ活動に関する報告、資料を作成、提出していただきます。

契約/試用期間

福井県フィルムコミッション ロケーションコーディネーターとして福井県知事が委嘱します。(福井県と業務委託契約を締結していただきます。福井県との雇用関係はありません)  
●委嘱期間
委嘱日から令和7年3月31日まで
※委嘱の開始日については、令和6年7月を目途に、内定者と協議の上決定します。
※所定の審査を経て、最初の委嘱日から通算して3年まで延長することができます。
※隊員としてふさわしくないと判断した場合は、委嘱期間中であっても業務委託契約を解除できることとします。

選考プロセス

(1)第1次選考(書類審査)
・提出書類をもとに書類審査を行います。
・選考結果については、7月5日(金)までに応募者全員へメールまたは文書で通知します。合格者には、併せて第2次選考の日程等詳細をお知らせします。

(2)第2次選考(面接審査)
・第1次選考合格者を対象に、福井県庁(福井県福井市)にて面接を行います。
※応募状況により都市圏(東京、大阪、名古屋)で面接を実施することがあります。
・選考結果については、7月26日(金)までに第2次選考参加者全員にメールまたは文書で通知します。
※応募に係る経費(郵送費、交通費等)は応募者の自己負担となります。
※選考の経過及び結果についての問い合わせには応じられません。

勤務地

住所
福井県福井市大手3丁目17-1福井県庁5階

アクセス
JR 北陸新幹線 福井駅 徒歩 7分
ハピラインふくい ハピラインふくい 福井駅 徒歩 7分

福井県庁5階の魅力創造課内に席をご用意する予定です。
採用後に決定する営業担当エリアおよび県内全域をフィールドとして活動していただきますので、リモートワークも可能です。月2~3回程度は、県庁において対面で打合せ等を行う予定です。

応募条件TERMS

募集学歴
不問
募集年齢

不問

募集経験年数
未経験可
応募条件

次の要件をすべて満たす方とします。
・次の①、②のいずれかに該当する方で、採用後、生活拠点を福井県内に移し、住民票を異動できる方
①応募時点で3大都市圏をはじめとする都市地域に在住している方
②「地域おこし協力隊」として活動していた方で、「同一地域における活動2年以上、かつ解職1年以内」の方
※要件に該当するか不明な場合は、個別にお問い合わせください。
・基本的なパソコン操作(ワード、エクセル等)ができ、かつ、インターネットを利用した情報発信ができる方
・普通自動車免許を有する方または活動開始までに取得予定の方
・地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方

この記事をシェアする

こちらもおすすめRECOMMENDATION