地方創生

  • TOP
  • 仕事を探す
  • 地域の空き家を活用して起業を目指す「空家再生みらいつくり隊員」を募集!
地域の空き家を活用して起業を目指す「空家再生みらいつくり隊員」を募集!
滋賀県米原市
滋賀県米原市

地域の空き家を活用して起業を目指す「空家再生みらいつくり隊員」を募集!

掲載開始日:
2021.09.22
掲載終了日:

地域と暮らしLIFE STYLE

滋賀県米原市はこんな地域

そば畑と伊吹山
そば畑と伊吹山
スタンドアップパドルをしながら眺める夕日
スタンドアップパドルをしながら眺める夕日

米原市は、都市部に近い田舎です。
「米原」駅には滋賀県で唯一新幹線が止まり、大阪・名古屋へは約30分、東京までは約2時間と、どこに行くにもアクセスが良く、
自然環境としても、びわ湖のほとりに面しており、豊富な水源や美しい里山の風景、自然や伝統文化が生き続けています。
日本百名山のひとつにも数えられる霊峰・伊吹山を擁していて、市内には多くの湧水スポットが点在し、水源の里としても知られています。
飲料水だけでなく、清らかな水で作られたお米や野菜、そばも美味しく、名水で仕込む醤油や豆腐も自慢の一品です。

また、米原市は市民の方の自主的な活動が盛んで、
「協働事業提案制度」という、市民が持つアイデアを公共的課題の解決のために生かす提案制度や市民のクラウドファンディングの立ち上げを支援する仕組があり、市民が活動しやすい環境が整っています。

先輩移住者の声

米原市に拠点をおく切り絵作家・早川さん
米原市に拠点をおく切り絵作家・早川さん

米原での部屋の窓から見える景色は紅葉もきれいですし、雪になれば白いですし、夏の緑なんかは日に日に緑が濃くなっていく様子を毎日見られる。本当に贅沢だなと感じます。
意識をして何かを観察しなくても、ここでは生活の中で自然に見ることができます。理屈抜きに、僕の作品はここにいないと作れません。
大阪も好きだったんですけど、僕は石川県の自然のあるところで育っていたので、ちょっと大阪では子育てしたくないなという気持ちがありました。今後、娘がここでどう育っていくのか楽しみです。

あと、ここにいると食べ物には困りませんね(笑)。近所の方から野菜や総菜などのおすそわけがあり、お金には換えられない贅沢です。
また米原は新幹線が止まるので、大阪へは30分、東京へも日帰りで行けますし、いいバランスで仕事ができています。

移住支援制度

仕事内容MISSION

募集の背景

2020年度の自治会へのアンケート調査結果によれば、市内には1,180戸もの空き家が存在しており、そのうち市民の生活環境を脅かす可能性がある空き家は97戸にものぼり、この危険な空き家の増加が大きな問題となっています。
1,180戸もの空き家が存在する中で、空き家バンクへの登録物件はわずか70戸程度に留まり、この空き家バンクへの登録が進まなければ、空き家の利活用が進まず、危険な空き家の増加を食い止めることができません。
一方で、空き家への移住希望者は年々増加傾向にあり、常時130世帯程度の移住希望者が空き家バンクに登録されていますが、紹介できる物件が少ないためにお待ちいただいているのが現状です。
空き家所有者の方は、先祖代々受け継いできた大切な家を手放すことや、誰かに貸すことで地域に迷惑をかけてしまうのではないかといったさまざまな不安により、空き家バンク登録に一歩を踏み出せない状況もあります。
空き家は放置しておくと、あっという間に老朽化が進み、危険な状態になってしまいますが、移住者などが活用することで地域活性化の起爆剤となる“宝”へと生まれ変わります。
そこで市では、空き家が活用できるうちに、空き家バンク登録に向けて空き家所有者の背中を押していただいたり、移住希望者の相談役として活動していただく空き家再生みらいつくり隊員を募集することとしました。

甲津原集落
甲津原集落
旧中山道
旧中山道

活動内容

【基本活動】米原市空家・空地バンク事業実施要綱第3条に掲げる業務
 ・空き家等および利用希望者の登録ならびに台帳管理に関すること
 ・利用希望者と所有者との仲介に関すること
 ・利用希望者に空き家等が所在する自治会の情報を提供すること
 ・空き家等に関する情報収集、情報発信に関すること
 ・関係機関との連携、情報共有に関すること
 ・その他空家.空地バンク事業の目的達成に必要な業務 など

【みらい活動】空き家等を活用した地域活性化や生業づくりに関する活動
 ・空家等を活用した事業の企画、実施
 ・地域のニーズ調査、ヒアリング
 ・まちづくりや地域コミュニティに関する活動
 ・連絡調整等のための会議や活動に関する報告会への出席
 ・研修会等への参加
 ・空き家等の所有者向けセミナー等の企画、運営
 ・空き家等の利活用希望者向けのセミナー等の企画、運営
 ・空き家等を活用した事業の企画、実施
 ・毎月の活動報告書の提出、年間報告書の作成 など

地域の空き家(外観)
地域の空き家(外観)
地域の空き家(内観)
地域の空き家(内観)

受け入れ体制・環境

1週間のうち週4日は空き家対策研究会と共に活動いただきます。不動産や建築の知識がない中でのスタートであっても、専門的な知識やノウハウを学ぶ研修を受講いただいたり、専門家に個別相談することができるオンラインサポートも用意します。

まいばら空き家対策研究会のメンバー
まいばら空き家対策研究会のメンバー

求めている人物像

空き家の相談は、空き家そのものだけでなく、所有者さんのプライベートな生活相談にも関わるお仕事です。また地域の方との連携や協力なくして進めることもできません。そのため知識や経験以上に、どのようなタイプの相手であっても親身になってお話しを聴くことができ、柔軟なコミュニケーションが取れる方を求めています。

  • 空き家等の利活用に興味がある方
  • 地域住民や移住希望者と柔軟なコミュニケーションをとれる方
  • 人と接することが好きで、人の話を真摯に受け止められる方
  • 最後までやりとげる責任感がある方
  • 米原市内で新しい事業をつくる意欲のある方
  • SNSやウェブ 会議システム等のオンラインツールを活用できる方

地域おこし協力隊卒業後について

恋する空き家プロジェクトの中核を担っていただいたり、空き家等の利活用に関わる事業を立ち上げていただくことを期待しています。

まいばら空き家対策研究会が推進する「恋する空き家プロジェクト」
まいばら空き家対策研究会が推進する「恋する空き家プロジェクト」

職場の先輩の声

相談員
丸本さん、伊夫貴さん

職場の先輩 丸本さん(左)と伊夫貴さん(右)
職場の先輩 丸本さん(左)と伊夫貴さん(右

■研究会に入った経緯
伊夫貴さん「スタッフはすべて元自治体職員で、知り合いを通じて、研究会への参加をお誘いいただきました。
地域のこともよく知っているし、元自治体職員としての対応力、事務力を期待されていたのだと思います。」
丸本さん「伊夫貴さんからお誘いいただいて参加しました。
元々市役所に通勤していた時から、地域の中で増えている空き家に対して課題を感じており、
地域にはお年寄りが多いため、空き家予備軍にも危機感を感じて、何か力になれればと思っていました。」

■どのような活動をしているか
空き家の所有者さん、移住者さん、活用希望者さんからの相談対応をしています。
所有者さんからは空き家バンク登録に関する相談が多く、登録方法の案内から公図・登記確認、現地調査、補助金の案内など対応しています。
移住者さんからはホームページを経由しての相談が多く、必ず直接面談をしており、周辺施設、地域情報、ハザードマップ、子育て支援、観光情報などもお伝えしています。
また移住後も、ホームページの先輩移住者へのインタビューなどで協力していただいたり、継続的にやり取りすることもあります。

■新たな隊員さんに対してコメント
伊夫貴さん「米原市の空き家対策の一翼を担っていただけると嬉しいです。」
丸本さん「米原市は自然豊かで利便性の良いところで、年々研究会にお問合せされる移住希望者が増えています。
そういった方々に米原市に住んで良かったと思っていただけるように、この研究会で出会いを応援し、恋してもらえるようなマッチングを進める空家再生未来つくり隊を求めています。
空き家は放置すれば負の資産となりますが、活用して地域の財産に変えるマインドを持った方に来てもらえると嬉しいです。
私達と一緒に気持ちの良い汗をかきませんか?」

現地見学会(おためし地域おこし協力隊)を開催します!

活動場所である米原市とまいばら空き家対策研究会を紹介する現地見学会(おためし地域おこし協力隊)を令和3年11月12日(金)から14日(日)の2泊3日で開催予定です。
参加を希望される方は、令和3年10月31日(日)までに本サイトのイベントページより事前にお申込みください。定員は4組(1組2名まで)で、定員を超える申込があった場合は、選考の上、決定となります。

滞在予定先のゲストハウスうむ
滞在予定先のゲストハウスうむ

募集要項RECRUITMENT

テーマ(地域課題)
空き家
雇用形態
業務委託
業種
団体
使用するスキル
広報・PR Excel Word
募集職種

地域おこし協力隊

空家再生みらいつくり隊員
働きやすさ
副業・兼業の仕事 起業を見越した仕事 未経験OK 研修・講座あり
待遇
副業可能 住居支援あり 交通費支給あり
地域特性
積雪あり 都市近郊 小さな町 古い町並み 子育て環境充実 子育て支援制度 起業支援制度 健康・医療支援制度
給与

年収 240万円 ~
月給 20万円 ~

受動喫煙対策

対策済み(禁煙)

勤務時間

8:30~17:00(休憩1時間)

1か月当たり21日(160時間)程度
※うち週4日(週30時間)程度は、基本活動(まいばら空き家対策研究会での活動)となります。
※うち週1日(週7.5時間)程度は、みらい活動となります。

休日
土日祝・年末年始
※イベント等で休日勤務が発生する可能性があります。
福利厚生

・住居は米原市から紹介可能です。
・家賃は予算の範囲内で支援します。
・引っ越し旅費・経費については自己負担とします。
・みらいつくり活動のために必要な経費や、研修費については予算の範囲内で支援します。
・携帯電話、ネット環境等の通信費は自己負担とします。
・社会保険 ・国民健康保険、国民年金への加入は自己負担とします。
・兼業可(ただし市の確認が必要)
・自家用車を利用いただきますが、ガソリン代等は予算の範囲内で支援します。

契約/試用期間

米原市空家再生みらいつくり隊員として市長が委嘱します。(雇用関係はありません)
初年度は2023年3月31日までの任用期間となります。(以降年度ごとに更新可否を判断し、最長3年まで更新可能)

選考プロセス

①履歴書、応募用紙の受付
②事前面談の実施
③書類選考
④一次面接(WEB)
⑤二次面接
⑥最終結果の通知

応募条件TERMS

募集学歴
不問
募集年齢

不問

募集経験年数
未経験可
応募条件

・三大都市圏(東京都,埼玉県,千葉県,神奈川県,愛知県,岐阜県,三重県,大阪府,京都府,奈良県,兵庫県をいう)または地方自治法(昭和22年法律第67号)第252条の19第1項に規定する指定都市に現に住所を有する方
・採用後、生活の拠点を米原市に移すとともに米原市に住民票を異動することができる方
・任期終了後も米原市に居住する意向のある方
・地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方
・普通自動車運転免許を有している方、または取得予定の方
・パソコンの一般的な操作ができる方

この記事をシェアする

こちらもおすすめRECOMMENDATION