地方創生

  • TOP
  • 仕事を探す
  • その力川西町で活かしてみませんか?山形県川西町地域おこし協力隊募集中!
その力川西町で活かしてみませんか?山形県川西町地域おこし協力隊募集中!
山形県川西町
山形県川西町

その力川西町で活かしてみませんか?山形県川西町地域おこし協力隊募集中!

掲載開始日:
2021.05.07
掲載終了日:
2022.03.31

地域と暮らしLIFE STYLE

山形県川西町はこんな地域

春の川西町の風景
春の川西町の風景
冬の川西町の風景
冬の川西町の風景

山形県川西町は、山形県南部置賜地方のほぼ中心に位置する人口約1万5千人の町です。

気候は、盆地性気候であり寒暖差が大きく、豪雪地帯でもあります。

農業が盛んな地域であり、特に稲作や畜産(黒毛和牛)が古くから営まれております。

著名な小説家・劇作家である“井上ひさし”先生が生まれた町であり、井上先生から寄贈された書物が展示されている図書館“遅筆堂文庫”や日本一の観光ダリア園“川西ダリヤ園”もあります。

高度な医療ができる拠点病院として“公立置賜総合病院”が位置しております。

先輩移住者の声

ふるさと回帰支援センターで勧められたことをきっかけに川西町を知りました。実際に足を運び町担当者や先輩移住者の話を聞いてみると、自分たちが思い描いていた生活ができる場所はここだと感じ、川西町に決めました。

大変だったことは、車必須の暮らしに慣れることでした。また、家庭菜園を試みていたのですが、野生動物対策が必要だと聞き驚きました。そして、まるで外国語のように聞こえる方言を理解することが難しいと感じました。

とても嬉しく思っているのは、通勤時間がたったの数分で希望していた農業ができること、静かな場所で気兼ねなくのびのびとした生活ができることです。また、周りに住む方々が伝統的な食文化を教えてくださることも多く、ワクワクしながら過ごしています。

今の便利な世の中に合わせながら、身近に自然を取り入れる暮らしを目指しています。丁寧な暮らしは時間や気持ちにゆとりがないと行動に移しにくいと感じるため、可能な範囲で自然と共に暮らす生活を送り、いずれ発信していきたいと考えています。

まずは実際に現地を訪れてみてください!私たちは5年以上思考だけを巡らせていました。現地に足を運びたくさんの出会いを経験すると、今までの考え方が少し変わるような気がします。ぜひ川西町ならではの生活にふれてみてください。

地域おこし協力隊の髙谷ご夫妻
地域おこし協力隊の髙谷ご夫妻

移住支援制度

仕事内容MISSION

募集の背景

山形県川西町では、平成23年度から地域おこし協力隊を募集し、延べ27名の隊員が活動してきました。
令和3年4月現在、6名の隊員が町内で活動しています。
地域づくり担当として地域の方々と協働して活動する隊員、農業の次代の担い手になるため研修を行っている隊員、井上ひさし先生から寄贈された蔵書を展示する遅筆堂文庫を研究する隊員、町食文化のPRを行う隊員など様々な活動をしております。
これからも新たな分野でも活躍いただける意欲ある方を募集しております。
任期終了後そのまま定住された隊員も多数おります。
ぜひダリヤの里かわにしさ、ござっとごえ(いらしてください)。

川西ダリヤ園
川西ダリヤ園

活動内容

川西町では、本町の基幹産業である農業の担い手を地域おこし協力隊制度を活用して募集しております。
現在、町内山間部である東沢地区で、活動している農事組合法人のメンバーとともに、実践的な農業を3年間学ぶ、「東沢地区農業研修生」の地域おこし協力隊員を募集しております。
自然の中で、“食”を作るやりがいのある活動となります。

東沢地区の大豆畑
東沢地区の大豆畑

受け入れ体制・環境

毎週、協力隊員と町担当者でのミーティングがあり、情報交換等を行います。
普段の活動は、活動先の農事組合法人で行います。法人の所有する農業機械等を活用し、実践的な農業を指導していただけます。

川西町東沢地区の風景
川西町東沢地区の風景

求めている人物像

意欲と責任をもって活動に取組み、本町に定住希望のある方を募集しております。
応募にあたっては以下の条件がございます。

  • 三大都市圏に在住しているなどの現住地による地域要件を満たすこと
  • 採用後、生活の拠点及び住民票を川西町に移すことができること
  • 普通自動車運転免許(要MT免許)を所有していること
  • おおむね40歳以下で心身ともに健康であること

地域おこし協力隊卒業後について

隊員本人及び活動先の農事組合法人がマッチングすれば、そのままその法人に雇用される場合もあります。
また、定住対策として町内で起業し定住すれば100万円、定住のみでも50万円の補助制度があります。

職場の先輩の声

農事組合法人 社員
長岡ご夫妻

地域おこし協力隊OBOGの長岡夫妻 (旦那さん)
地域おこし協力隊OBOGの長岡夫妻 (旦那さん)
地域おこし協力隊OBOGの長岡夫妻 (奥さん)
地域おこし協力隊OBOGの長岡夫妻 (奥さん)

以前住んでいた神奈川県では陶芸活動していましたが「自然の中で落ち着いて創作がしたい!」という想いが大きくなり、大好きな東北に移住を考えていました。偶然にも自分達のスキルを活かし活動できる山形県川西町の地域おこし協力隊の話を見つけ応募しました。
任期中は、地域づくりと陶芸の仕事をし、色々な方との交流をする中ですっかりこの町が好きになり、町の空き家バンクを利用し、住居を取得して定住に至りました。
現在、定住後の仕事を心配し、お声がけ下さった方が代表を務める農事組合法人の社員として働いています。
春から秋にかけては水稲、大豆、そばの仕事をしています。ですが、冬は雪が多く農作業ができないので、トラクターやコンバインといった農機具の機械整備を勉強させていただいております。
好きで始めた農業ではありませんが、農事組合法人のメンバーの方の人柄も手伝って不思議と楽しく毎日作業をしています。
また、ご配慮もあって、陶芸の活動と共に自宅に併設しているギャラリーカフェの営業もさせていただいております。ゆくゆくは、『農・食・陶』を繋げ、楽しみながら仕事をしていきたいと思っています。
ひょんなことから始まった農業ですが、そこから夢が大きく広がっています。

地域おこし協力隊とは

地域おこし協力隊は、都市地域から過疎地域等の条件不利地域に移住して、地域協力活動を行いながら、その地域への定住・定着を図る総務省の取組です。
隊員は各自治体の委嘱を受け、任期は概ね1年以上、3年未満です。

募集要項RECRUITMENT

テーマ(地域課題)
農林漁業・狩猟
雇用形態
契約社員
業種
農業・林業
募集職種

地域おこし協力隊

東沢地区農業研修生 稲作・大豆・そばの実践的な農業研修
働きやすさ
起業を見越した仕事 未経験OK
待遇
住居支援あり 社会保険あり 交通費支給あり
地域特性
積雪あり 小さな町 医療環境充実 移住支援制度 住まい支援制度 起業支援制度
給与

月給 16.6万円 ~ 16.6万円

  • 年額200万円上限となります。
受動喫煙対策

その他

勤務時間

活動団体の規定による

休日
活動団体の規定による
福利厚生

・住居 入居経費支援有
・車両 経費支援有
・その他、活動経費への支援有
※副業については、受入先農事組合法人からの許可があれば可能

契約/試用期間

・年度更新、最大3年間
・協力隊員の委嘱期間は1年とし、当該年度を超えないものとします。
※ただし、町長が適当と認める場合は、委嘱の日から3年を超えない範囲で1年ごとに延長することができます。

選考プロセス

①応募用紙の受付
②書類選考
③活動地での実地研修
④実地研修選考
⑤面接審査
⑥最終結果の通知

応募条件TERMS

募集学歴
不問
募集年齢

18歳 ~ 40歳

募集経験年数
未経験可
応募条件

意欲と責任をもって活動に取組み、本町に定住希望のある方を募集しております。
応募にあたっては以下の条件がございます。
〇三大都市圏に在住しているなどの現住地による地域要件を満たすこと
〇採用後、生活の拠点及び住民票を川西町に移すことができること
〇普通自動車運転免許を所有していること
 ※農業研修生においては、MT免許であること。
〇おおむね40歳以下で心身ともに健康であること

この記事をシェアする

こちらもおすすめRECOMMENDATION