地方創生

  • TOP
  • 仕事を探す
  • 広川町の魅力を掘り起こし、引き出し、一緒に発信しませんか?
広川町の魅力を掘り起こし、引き出し、一緒に発信しませんか?
和歌山県広川町
和歌山県広川町

広川町の魅力を掘り起こし、引き出し、一緒に発信しませんか?

掲載開始日:
2021.05.07
掲載終了日:
2022.03.31

地域と暮らしLIFE STYLE

和歌山県広川町はこんな地域

広川のホタル
広川のホタル
山間部と海岸が近く、自然豊かな広川町
山間部と海岸が近く、自然豊かな広川町

広川町は和歌山県の有田郡の最南部に位置し、人口約7千人の町です。
町は、太平洋から黒潮が流入する暖かい海流に育まれた恵みある漁場に生活を営む漁村、温暖な気候により甘く瑞々しく育つ温州みかんなどの農業で生活を営む農村、紀伊山脈で育つ紀州材や米作りで生活を営む山村により、海・川・山の自然豊かな情景で構成されています。
さらに、広川町は「稲むらの火」の主人公のモデルとなった濱口梧陵生誕の地でもあり、当時築堤された広村堤防の周辺には歴史情緒あふれる町並みが形成されており、幾度となく津波や台風等の水害に見舞われても海との共存を選び歴史を積み重ねてきたストーリーは、26の構成文化財とともに平成30年5月には日本遺産「『百世の安堵』~津波と復興の記憶が生きる広川の防災遺産~」として認定されています。
また、都市部からのアクセスは、町内に高速出入口が2ヶ所あり、関西国際空港や白浜空港まで車で約1時間程度の場所に位置しており、交通の利便性は良好です。

仕事内容MISSION

募集の背景

広川町の津木地区は山間部でありながら、海まで車で約20分のところで、さらに高速道路の入り口もあり、かなりのポテンシャルを秘めた場所です。それなのに!人が減っていく一方。この状況を客観的に見て、地域の方々と一緒に魅力を掘り出し、PRしてくれる人を大募集します!
また、広川町の海側の地域では、日本遺産の構成文化財を使って古民家宿泊施設を立ち上げようとしています。
古民家宿泊施設の運営に興味のある方もお気軽にご連絡ください!

咲き誇る津木地区の桜
咲き誇る津木地区の桜
観光施設に生まれ変わろうとしている日本遺産構成文化財
観光施設に生まれ変わろうとしている日本遺産構成文化財

活動内容

地域おこし協力隊(移住・定住コンダクター)
広川町の魅力を掘り起こし、引き出し、観光者や移住・定住希望者に発信することで、新たな移住・定住者を呼び込む。
(1)広川町(特に津木地区)の魅力掘り起こし、発信
(2)空き家バンク、移住・定住業務全般
(3)地域のコミュニティ活動への参加
(4)地域おこし協力隊との連携
(5)その他、広川町地域おこし協力隊設置要綱第2条各号に記載する任務

地域おこし協力隊の別業務についても募集中です。
お気軽にお問い合わせください。

プライベートリバー津木
プライベートリバー津木

受け入れ体制・環境

7,000人足らずの小さな町ですので、住民さんとの距離は非常に近いです。
また、私たち広川町にとっても初めてとなる事業を一緒にやっていくという形なので、お互いに相談しながら取り組める環境にしていきましょう!

津木地区(滝原区)の風景
津木地区(滝原区)の風景

求めている人物像

  • 地域住民や移住希望者と柔軟なコミュニケーションをとれる方
  • 人と接することが好きで、人の話に真摯に耳を傾けられる方
  • 最後までやりとげる責任感がある方
  • 起業に興味のある方
  • 基本的なパソコン作業や事務作業が出来る方

地域おこし協力隊とは

地域おこし協力隊は、都市地域から過疎地域等の条件不利地域に移住して、地域協力活動を行いながら、その地域への定住・定着を図る総務省の取組です。
隊員は各自治体の委嘱を受け、任期は概ね1年以上、3年未満です。

募集要項RECRUITMENT

テーマ(地域課題)
移住促進
雇用形態
パート・アルバイト
業種
その他
募集職種

地域おこし協力隊

働きやすさ
副業・兼業の仕事 未経験OK
待遇
住居支援あり 社会保険あり
地域特性
温泉 暖かい
給与

  • 報償費(日額)  6,733円×勤務日数(社会保険料等含む)
    期末手当  6月、12月に支給
    通勤手当  条例の規定により支給
受動喫煙対策

その他

勤務時間

8:30〜17:00(休憩1時間)

休日
土日、祝日及び年末年始(12月29日から1月3日まで)
福利厚生

・報酬 報償費(日額) 6,733円×勤務日数
・期末手当 6月と12月に支給
・通勤手当 条例の規定により支給
・福利厚生 社会保険、厚生年金、雇用保険に加入します。
・住居 町が借り上げた住宅を提供します。ただし、転居にかかる費用、生活備品、光熱水費等は個人負担となります。
・活動物品 活動に必要な物品、車等は町所有もしくは町で借り上げたものを提供します。
・その他 あらかじめ町長の許可を得たうえで、他の営利活動によって、町が支給する報酬以外の収入を得ることを認めます。

契約/試用期間

協力隊員の委嘱期間は1年とし、当該年度を超えないものとします。
ただし、業務・活動状況を勘案の上、1年ごとに更新し、最長約3年間まで任期を延長可能とします。

選考プロセス

①履歴書・職務経歴書の受付
②面談の実施
③書類選考
④募集主による面接の実施
⑤最終結果の通知

応募条件TERMS

募集学歴
不問
募集年齢

20歳 ~

募集経験年数
未経験可
応募条件

(1)年齢は、令和3年4月1日現在、20歳以上の者で、性別は問いません。
(2)住民票がある生活拠点の要件が次のいずれかに該当する者。
 ただし、委嘱前に本町内に定住又は定着している者(既に住民票の異動が行われている者等をいう。)を除く。
 ア 3大都市圏内の地域又は3大都市圏外の指定都市の条件不利地域(過疎、山村、離島、半島等の地域である市町村をいう。以下本条において同じ。)以外の地域から本町へ住民票を異動させた者
 イ 3大都市圏外の都市地域又は3大都市圏外の都市地域以外の地域の内、条件不利地域以外の地域から本町の条件不利地域へ住民票を異動させた者
(3)心身が健康で、地域に馴染む意志を有し、地域協力活動に意欲と情熱を持って積極的かつ誠実に活動できる者
(4)概ね1年以上の活動ができる者
(5)普通自動車運転免許を持っている者
(6)地方公務員法(昭和25年法律第261号)第16条PDFファイル(79KB)に規定する欠格条項に該当しない者
(7)パソコン(ワード、エクセルなど)の一般的な操作ができる者

この記事をシェアする

こちらもおすすめRECOMMENDATION