LIFULL 地方創生
ページトップへ

育成カレッジが目指すもの

空き家の現状と
「空き家の相談員育成カレッジ」

2033年、日本の全物件の約3軒に1軒が空き家になると言われています(※)。人口減少などの要因によって利用されない住宅が増え続け、負債となっていく。これが空き家問題です。
現在すでに800万件以上ある空き家のうち、「賃貸用又は売却用の住宅」を除いた、いわゆる「その他空き家」の件数は300万件以上にのぼります。全国の自治体で対策が進められていますが、さまざまな問題からまだ思うように空き家の活用が進んでいないのが現状です。

空き家件数の推移 空き家バンクの実施状況と登録状況

空き家問題解決の一手として、まずは空き家の掘り起こしを進め、地域内の空き家を見える化することが急務で求められています。そして、その役割を担う人材が、今、地域で求められています。
LIFULLは、こうした空き家の課題解決を進めていくために、地域の空き家問題の解決に関心のある人を対象に「学びの場」を提供します。それが「空き家の相談員育成カレッジ」です。

ノウハウを蓄積し
空き家の課題解決を拡大する

「空き家の相談員育成カレッジ」では、まず「空き家の相談窓口」の役割・重要性について知り、個々の空き家の課題を解決するために必要なノウハウと、空き家の活用促進のキーパーソンとして地域で活動を行うためのネットワークづくりについて学びます。
相談員は、講座内容や講座後の実務サポートを活用して、所有者から空き家情報を集めるだけでなく、相談者の一人ひとりの悩みに寄り添って解決をすすめ、活用希望者との着実なマッチングに取り組みます。また、相談関連領域の専門家と連携することで、取り扱う相談・課題解決の範囲を広げます。
相談関連領域とは、「サブリース・民泊などの新規事業」、「空き家の荷物整理・管理事業」、「空き家活用者のDIY支援」などが考えられます。

ノウハウを蓄積し空き家の課題解決を拡大する ノウハウを蓄積し空き家の課題解決を拡大する

LIFULLは空き家の相談業務をサポートするとともに、全国それぞれの地域で活動を行う空き家の相談員を結び付け、空き家に関わる派生事業や他地域の事例、ノウハウを共有します。それによってより広域で空き家問題の解決を図り、各地域の相談員に還元していきます。

育成から実務まで
幅広くフォローアップ

講座ラインナップ

  • 基礎知識を学ぶ

    基礎講座

    基礎講座

    空き家の掘り起こしから、個別の課題解決による流通促進、活用希望者とのマッチングまでをワンストップで対応し、「空き家」を見える化させる「空き家の相談窓口」を担う人材をめざす講座です。

    2020年10月1日(木)~2日(金)開講

    オンラインのみ

    詳細を見る
  • 対話とフィールドワーク

    基礎講座〈実地編〉

    基礎講座〈実地編〉

    実際に現地に足を運び、空き家物件の現地調査や現場相談員へのヒアリング、ロールプレイを用いた「相談者からの相談に応える」ワークショップなど、1泊2日の合宿を通して相談員への理解を深めるフィールドワークです。

    2020年11月5日(木)〜6日(金)開講

    詳細を見る
  • 新たな事業モデルを学ぶ

    ビジネス活用講座

    ビジネス活用講座

    空き家の管理、家財整理、サブリースをはじめ、オリジナルな事業モデルなど、各事業を展開する講師から先進的な事業例、物件選定方法やプロデュース事例など、空き家をビジネスに活用するノウハウを学びます。

    2020年12月2日(水)~4日(金)開講

    オンラインのみ

    詳細を見る