地方創生

  • TOP
  • 移住相談窓口
  • 夜の相談もOK オンライン移住相談&見学ツアー 奈良県東吉野村
夜の相談もOK オンライン移住相談&見学ツアー 奈良県東吉野村
奈良県東吉野村
奈良県東吉野村

夜の相談もOK オンライン移住相談&見学ツアー 奈良県東吉野村

掲載開始日:
2021.12.15
掲載終了日:

相談窓口情報ABOUT

移住相談窓口かめやKAMEYA

東京から東吉野村に移住して7年以上の担当者が対応します!

実際に移住した人の話を聞いてみたい、東吉野村の子育て環境について知りたい、東吉野村をいろいろと案内してほしい等、様々なご相談を東京から東吉野村へ移住したアドバイザーが対応いたします。オンラインでの相談や見学ツアーも受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

移住相談窓口かめやKAMEYA
移住相談窓口かめやKAMEYA
オンライン見学ツアーで人気スポットや空き家などをご案内
オンライン見学ツアーで人気スポットや空き家などをご案内

所在地

p>奈良県吉野郡東吉野村小川700
かめやKAMEYA

当日の流れ

  1. ご自身が思い描くライフスタイルや移住に関する心配事など、自由にお話ください。
  2. ご相談内容への回答や、住まいや暮らしについての説明
  3. 見学ツアー(オンラインも可)など、次のアクションについてご提案

こんな人におすすめ

  • 地域の人たちと協力しながら暮らしたい
  • 大阪から車で2時間圏内の田舎に暮らしたい
  • クリエイティブな人たちが集まる地域で暮らしたい
  • 豊かな自然と人たちが住む環境で子育てをしたい
  • 子どもを小人数の学校に通わせたい

利用者の声

  • 臨場感あるオンライン見学ツアーで楽しかったです。とても親切にしていただき、聞き上手なお方で安心しました。
  • 大谷さんの元気過ぎず、静か過ぎずの村内外案内、とても楽しかったです。
  • 美しい川と山々のある暮らしが体験できました!たくさんの面白いプレイヤーがいるし、よそ者の僕でも温かく迎え入れてくれました!

料金・申し込み方法FEES & REGISTRATION

費用・支払い方法

無料

申し込み方法
  1. 「エントリー」からお申し込み。
  2. エントリー受付後、担当者からご連絡差し上げます。
注意事項
  • ご相談は、前日までにご予約ください。
備考

現地での面談も可能です。

地域と暮らしLIFE STYLE

奈良県東吉野村はこんな地域

夏は川で遊び放題!
夏は川で遊び放題!
古民家をリノベーションしたモデルハウス(宿泊もできます!)
古民家をリノベーションしたモデルハウス(宿泊もできます!)
月1万円で使用できるチャレンジショップ「かめや」
月1万円で使用できるチャレンジショップ「かめや」
こども食堂やイベントが開かれる「つくばねっこ村」
こども食堂やイベントが開かれる「つくばねっこ村」
地元の人も移住者も一緒に楽しむ「ビートルズナイト」
地元の人も移住者も一緒に楽しむ「ビートルズナイト」

\\過疎だけどフレッシュな村//
奈良県の南東部にある、きれいな川が流れる東吉野村。大阪から車で1時間半。東京から電車で4時間。
人口約1,700人のこの村は、自分らしいライフスタイルを求めて、様々な人が移り住む地域になっています。 デザイナー、木工職人、大工、林業、カメラマン、漫画家、染織家、パン職人、アーティスト…etc
もちろん、会社務めの人も。
コワーキングスペース「オフィスキャンプ 東吉野」が誕生してから、チャレンジショップ「かめや KAMEYA」がオープンしたり、村役場の若手職員たちがサマーフェスティバルを開催したりと、なにかと新しい物事が生まれているフレッシュな村です。

先輩移住者の声

東京からUターンしたカメラマンの福井孝尚さん
東京からUターンしたカメラマンの福井孝尚さん

移住するきっかけ
私は、東吉野村出身のカメラマンです。
大学卒業後は、東京の企業で商品撮影の仕事をしていました。
大谷さんに移住相談をしたのは、2016年9月からです。
自然ある田舎で子育てをしたいと考えていた時、東京から吉野郡に移住した友人から大谷さんを紹介してもらいました。
東京から東吉野村に、なんの縁もなく飛び込んでいった人がいると聞いて、驚きましたし、どんな暮らしをしているのか、とても興味がありました。
大谷さんに相談してみると、ご自身の家計簿をベースに東吉野村での生活費のことや、都会との暮らしの違いなど、実際に移住して暮らしてる人のリアルな話をしていただけるので、単純にすごいなと思いました。東京から移住した大谷さんと出会ったことで、僕にもできるかもと思えたのが大きかったです。

移住後の仕事
東京から家族と一緒に移住(僕にとってはUターン)したのは、2018年4月です。移住当初は、地域おこし協力隊として、主に東吉野村の自然風景や行事などを撮影し、写真をとおして東吉野村の魅力を村内外の人に伝える活動をしていました。
2021年4月からは独立し、フリーのカメラマンとして働いています。主に、ウェブサイトに掲載する商品撮影のほか、七五三やお宮参りの家族写真など写真館のような仕事もしています。コロナ禍前は、運動会やイベントの撮影などもしていました。
協力隊時代の3年間に東吉野村の隅々まで周って撮影をしていたので、多くの人に顔を覚えてもらいました。協力隊を卒業後も「カメラマンの福井」として覚えて頂き、それが口コミで広がるなどして、仕事に繋がっています。

暮らしてみて
僕はこの村出身ということもあり、すぐに馴染めたのですが、妻や子ども達はすぐには慣れなかったと思います。それでも、この村に住む同世代の家族や地元の人達との交流をとおして、移住2年目くらいからは慣れてきたように思います。
小学生になった子ども達は、東京にいた頃と比べると性格も変り、こちらでの暮らしを楽しんでいるように感じます。東吉野村の小学校は少人数(28人/2021年12月現在)なので、学年縦割りの授業もあり、都会ではできない経験ができてるなと思います。ただ、同級生がもっと増えてほしいのですが(笑)

福井孝尚さんの自宅に併設された撮影スタジオ
福井孝尚さんの自宅に併設された撮影スタジオ
福井孝尚さんのご自宅
福井孝尚さんのご自宅

移住支援制度

この記事をシェアする

こちらもおすすめRECOMMENDATION