地方創生

  • TOP
  • 移住相談窓口
  • 紀の川市への移住なら、紀の川市ワンストップパーソンまでお気軽にご相談ください。
紀の川市への移住なら、紀の川市ワンストップパーソンまでお気軽にご相談ください。
和歌山県紀の川市
和歌山県紀の川市

紀の川市への移住なら、紀の川市ワンストップパーソンまでお気軽にご相談ください。

掲載開始日:
2021.05.11
掲載終了日:

相談窓口情報ABOUT

紀の川市ワンストップパーソン

移住についてのご相談は紀の川市ワンストップパーソンまで!!

紀の川市ってどんなとこ?、先輩移住者ってどんなひと?、具体的に何をすればいいの?、補助金あるの?などなど、分からないことは何でもお気軽にご相談ください。
話を聞きに行きたいけど、時間がない、遠方にお住まい。紀の川市では、WEB面談にも対応しておりますので、ぜひお気軽にご活用ください。

分からないことがあれば窓口で気軽にお尋ね下さい。
分からないことがあれば窓口で気軽にお尋ね下さい。

当日の流れ

  1. 紀の川市の紹介(10分)
  2. 相談(30分)
    ※WEB面談ご希望の場合は事前にご予約ください。

こんな人におすすめ

  • 紀の川市について詳しく知りたい方
  • 紀の川市に知り合いがいない方
  • 移住に関する経費が知りたい方 などなど

料金・申し込み方法FEES & REGISTRATION

費用・支払い方法

無料

申し込み方法
  1. 「エントリー」からお申込み
  2. エントリー受付後、TeamsのURLをお送りします。
  3. 当日、時間になりましたら、URLより会議室にご入室ください。
注意事項
  • 申込みは希望日の1週間前までにお願いします。
  • キャンセルは、前日までにお願いします。
  • WEB面談はTeamsを利用するため、WEB環境の確認をお願いします。
備考

現地での面談も大丈夫です。

地域と暮らしLIFE STYLE

和歌山県紀の川市はこんな地域

パラグライダーに乗って見ることのできる桃源郷
パラグライダーに乗って見ることのできる桃源郷

紀の川市は、平成17年に打田町、粉河町、那賀町、桃山町、貴志川町の旧5町が合併して誕生した、和歌山県の北部に位置する人口約6万2千人のまちです。
温暖な気候や京阪神や関西国際空港に近いという立地条件にも恵まれ、四季を通じて、フルーツ、野菜、花などの様々な農産物が栽培されています。そのような環境から、県内でも有数の新規就農者数を誇っており、就農希望者へのサポート体制も充実しています。
また、合併前の旧5町ごとの風土が残っており、それぞれの文化の違いを感じることができます。合併により市域が広く、道の駅「青洲の里」や西国三十三所観音霊場三番札所「粉河寺」、猫の駅長がお出迎えする「貴志駅」など地域資源も豊富で、スカイスポーツやキャンプなどのアウトドアを楽しむことができます。

先輩移住者の声

和歌山市出身の愛さんと、大阪市出身の忠昭さん。
和歌山市出身の愛さんと、大阪市出身の忠昭さん。

馬越 愛さん、馬越 忠昭さん 紀の川市民歴2ヶ月
和歌山市出身、実家の米粉を使ったお菓子をマルシェなどで販売している愛さん。大阪市出身、法律事務として働く忠昭さん。
結婚を機に大阪市へ移るが、コロナの影響で和歌山への移住を考え始める。
同時期に始めたポッドキャストをきっかけに、全国各地に知人の輪が広がったことから、人が集まる場として​古民家を活用させること​を決意。2021年2月、紀の川市へ移住。

周囲の優しさに助けられる日々
紀の川市に移住してから、まだ間もない馬越さんご夫妻。この場所から始まる夢への期待が膨らむ一方で、地方移住ならではの様々な問題に直面している。
「一番は下水の問題ですね。都心部と違い、下水の設備が整っていないエリアも多い。また、浄化槽には保守点検、法定点検などいくつもの点検が必要で、業者によって価格も異なる上に、エリアによって業者ごとのテリトリーが存在することも。単純に価格や利便性で選ぶのは難しいこともあります。」と愛さん。

住んでみてはじめて気づくのは問題ばかりではない。馬越さんご夫妻が驚いたのは、地域住民の優しさだ。
「とにかくご近所さんがみんな優しいことですね。最初はすごく身構えている部分もありましたが、ご挨拶に行くと快くその地域のルールや私たちが知らないことを色々教えてくださって。ご近所さんのおかげで、助けられていることばかりです。」
まだまだ始まったばかりの紀の川市での暮らし。不安も多い中、地域住民の存在を心強く感じていると話す。

全国から人が集う拠点づくり
とにかく自宅のリフォームを進め、快適な暮らしをまずは整えていきたいと話す馬越さんご夫婦。
「電気工事士や建築士の友達に手伝ってもらいながら、少しずつDIYを進めています。素人なのでわからないことばかりですが、毎日新鮮な学びがあって楽しいです。」と忠昭さん。
倉庫を改修してシアタールームやスタジオをつくること、庭でハーブやベビーリーフを育てること。人が集い新たな夢が生まれる場所へのアイデアは尽きない
先輩移住者として、紀の川市への移住に興味がある人に協力したいと話してくれた馬越さんご夫妻。まだまだ空き家の改修や諸手続きに忙しい日々が続くとは思うが、興味がある方はぜひ、馬越さんの元に訪れてみてほしい。

移住者へのアドバイスは?
とにかく人に直接聞くことと、生活インフラについてよく調べること。ネットでは拾いきれない、その土地ならではのルールがたくさんあります。

紀の川市の魅力は?
びっくりしたのは、B級グルメの美味しさですね。おばあちゃんが一人で切り盛りしているような、美味しくて安くてボリューム満点のお食事処がたくさんあるのは魅力です。

※「Good Life with Kinokawa」のインタビュー記事より抜粋

移住支援制度

この記事をシェアする