地方創生

  • TOP
  • 移住体験施設
  • さぬき市へ暮らしにいこう。瀬戸内沿岸のお試しハウスは長期滞在可!
さぬき市へ暮らしにいこう。瀬戸内沿岸のお試しハウスは長期滞在可!
香川県さぬき市
香川県さぬき市

さぬき市へ暮らしにいこう。瀬戸内沿岸のお試しハウスは長期滞在可!

掲載開始日:
2021.05.07
掲載終了日:
2022.03.31

施設情報ABOUT

施設ができた背景

まずは訪れて、まちの雰囲気や人に触れ、さぬき市への理解を深めてほしいという想いから、長期滞在できる体験ハウスを設置。仕事や住まい探しなど、移住前の助走期間としても利用できます。

施設紹介

キッチン廻りの家電や調理器具、食器類は充実しています
キッチン廻りの家電や調理器具、食器類は充実しています
窓を開けると、縁側スペース。ゆったりとした時間を過ごせます。
窓を開けると、縁側スペース。ゆったりとした時間を過ごせます。

海岸まで徒歩5分のところにある1棟貸しの体験ハウスです。平屋建て2DKは、狭すぎず広すぎず生活しやすいシンプルな空間。しかも、生活家電が一式揃っているから、リアルなさぬき市暮らしを体験できます。

食の交流を!

近所のスーパーや道の駅つだ(産直)などで地元の新鮮な食材を購入して料理に挑戦してみましょう。キッチンアイテムも充実しているから、腕を振るって、いつもと一味違う食卓にしてみてください。

Wi-Fi完備で、テレワークも可能!

長期休暇が取得できなくても、テレワークが可能であれば、ロングステイがオススメ。暮らすほどに見えてくるものが多く、移住検討の参考になります。自然にふれあえるのどかな環境の中、気分をリフレッシュしてテレワークしてみませんか。

設備

ごろんとくつろげる和室6畳
ごろんとくつろげる和室6畳
  • 1棟貸し(平屋建て2K)
  • 浴槽、シャワー
  • 洗面台
  • Wi-Fi設備
  • 洗濯機、掃除機
  • 調理器具一式(冷蔵庫、炊飯器、電子レンジ、電気ケトルなど)

体験できること

  • 釣り
  • 海水浴場
  • 周辺の飲食店での食事

周辺施設

津田の松原
「日本の渚100選」に選ばれる人気の海水浴場。樹齢600年の根上がりの松群が約1kmに渡って続いています。
詳細はこちら

津田の松原
津田の松原

日本ドルフィンセンター
自然のプールで泳ぐイルカとふれあえる体験プログラムが各種あります。
詳細はこちら

日本ドルフィンセンター
日本ドルフィンセンター

スーパー マルナカ 津田店
車で約5分。食材やお弁当などを購入できます。
詳細はこちら

利用者の声

  • 生活用品が揃っていて、手軽に利用できる施設
  • 海近くの自然を感じられる好環境
  • 移住後の生活イメージができた
  • 津田の海が美しい

料金・申し込み方法FEES & REGISTRATION

間取り

2DK

費用・支払い方法

日額2000円

(30日を超える場合は、初日から日額1800円)

利用開始前に現金で一括前納

申し込み方法
  1. 「エントリー」からお申し込み。
  2. エントリー受付後、メッセージをお送りします。
    ※事前にホームページ掲載の「施設利用状況」をご確認ください。
注意事項
  • ペット不可
  • 敷地内禁煙
  • 近所への迷惑行為は厳重に禁止します。
  • ゴミは、決められた日に正しく処理してください。

地域と暮らしLIFE STYLE

香川県さぬき市はこんな地域

五瀬山山頂からのぞむ瀬戸内海に面するさぬき市中心部
五瀬山山頂からのぞむ瀬戸内海に面するさぬき市中心部
四国霊場第88番札所・大窪寺 紅葉の頃
四国霊場第88番札所・大窪寺 紅葉の頃

香川県の東部にある人口約4万7千人のさぬき市。「さぬきうどん」を連想される方が多いですが、正解!間違いなくNO.1ソウルフードです。他にも牡蠣やさぬきワインといった隠れた特産品がありますから、ぜひ注目してください。移住者の多くは、瀬戸内らしい穏やかな海や温暖な気候、都市部へのアクセスの良さ、災害の少なさなどの環境のメリットを挙げられます。実際に「温暖で雨の少ない気候は、活動的になれる」「高速ICは3か所あり、大阪まで車で約2時間半は、とっても便利」との声があります。仕事については特に大きな産業はありませんが、隣接する高松市も通勤圏になるので幅広い職種への就業が可能です。また、四国遍路の第86から第88番札所があり、結願をめざす遍路さんの姿は、日常の風景です。脈々と育まれた“お接待”の心で、移住者を快く受け入れる土壌があります。

先輩移住者の声

二人の夢を実現するための第一歩。たたらぱん農園スタート!
二人の夢を実現するための第一歩。たたらぱん農園スタート!

知人がさぬき市で就農したと聞いて、何度か訪れるうちに、農業に魅力を感じ、土地柄に惹かれ、移住しました。
有機農業の道を選んだのは、知人が作った有機野菜のおいしさに衝撃を受けたから。自分で作ってみたい、難しいからこそチャレンジしてみたいと思い、就農。1年間の研修を経て、70aの農地を借り入れ、「たたらぱん農園」をスタートさせました。将来は小麦も栽培して、パン用の新窯を作って、パン屋さんをオープンさせたいという思いを込めた農園名です。
二人の出身である関西まで2,3時間でアクセスできるのも、この地を選んだポイント。海と山に囲まれ、自然豊かな程よい田舎を気に入っています。移住者の先輩も多く、地域が違和感なく受け入れて、親切にしてくれて、とてもありがたいです。

パン屋さんのオープンをめざして、試作中!
パン屋さんのオープンをめざして、試作中!

移住支援制度

この記事をシェアする

こちらもおすすめRECOMMENDATION